ブログ運営

アフィリエイターには常識?!成約率を上げるために知るべき4つの学習タイプとは?

こんにちは、フルカワです

あなたは4つの学習タイプをご存知ですか?

 

人は、必ず、4つの学習タイプの

どれかにあてはまります。

 

結果を出しているアフィリエイターには

常識とも言えることで

 

記事中にこれを取り入れることで

成約率アップにつながります

あなたは、アフィリエイトをする時

 

最初から「○○をお勧めします」と

記事に書いていませんか?

 

読者から見たら、他人にお勧めされても

買う理由はありません

 

この4つの学習タイプを理解せずに

記事を書き続けても

 

成約につなげることは難しく

いつまでも収益が出ないままです

 

記事を書き続けているのに

全く結果につながらない

 

今の会社を辞めて好きな仕事をしたい

そう思ってWEBビジネスを始めた人も

 

そのうち、挫折して

今の生活を一生続けるかもしれません

逆に、4つの学習タイプを知って

自分のブログ記事に活かせれば

 

成約率が上がり、

収益にもつながっていきます

 

そうすれば、残業続きの毎日や

将来の不安からも解放され

 

家族と過ごす時間を大切にしながら

好きな仕事で生きていけるかもしれません

 

今を変えたいと思われた方は

読み進めて下さい

 

4つの学習タイプとは?

では、4つの学習タイプとは何でしょうか?

 

人は、学習する時、

納得の仕方や動機付けが異なります

 

例えば、私は研究職をしていますが

会社で新人に実験の仕方を教えた時

 

なぜ、そうしなければいけないのか?

と理由を聞く人

 

それをしたら、どんな結果になったか

データや実績を聞く人

 

どうやって進めればいいか

具体的な方法から聞く人

 

言われた通りに作業をして

あまり自分では考えない人

 

このように、人それぞれ

反応は違います

 

これらのタイプを理解することで

 

それぞれに合ったアプローチを行い

商品を買わせる行動を促せます

 

つまり、アフィリエイトなどに

活かせるという訳です

 

①なぜタイプ

1つ目は、なぜタイプです。

 

このタイプの人は、何をするにも

なぜするのかという理由を求めます

ですので

・それをする理由

・それをした場合のメリット、デメリット

 

これらを提示してあげましょう

 

例えば、快眠の方法を勧める場合

寝具の価格や性能を説明するのではなく

 

「これを使えば、快適な睡眠が得られ

健康だけでなく、仕事の効率も上がります」

 

こう書くことで、

行動に移しやすくなります

 

②何タイプ

2つ目は、何タイプです。

 

このタイプの人は、何をするにも

根拠、データを求めます

 

理系に多いタイプで、証拠が無いと

行動に移したくない人ですね

このタイプの人は、先ほどの例だと

 

「この寝具を使うことで、体重が分散され

身体への負荷が減り睡眠が深くなります。

ここに示した睡眠リズムのデータでも

裏付けられています」

 

というように、科学的根拠やデータを

示すことで行動に移しやすくなります

 

③どうやってタイプ

3つ目は、どうやってタイプです。

 

このタイプの人は、何かをする時、

理由や根拠より、手段や方法を求めます。

 

結局、どうやってやればいいのか?

と最初に気になる訳ですね

この人に必要なのは

具体的な方法を順番に教えることです。

 

先ほどの例だと、快眠するには

 

①日中に適度な運動をする

②寝る前はスマホを見ないでリラックス

③このサプリメントを1時間前に飲む

④この寝具で夜11時までに寝る

 

というように、順番に快眠のステップを

教えてあげると行動に移しやすくなります

 

④今すぐ行動タイプ

4つ目は、今すぐ行動タイプです。

 

このタイプの人は、

今すぐやるべきことを求めます。

 

とにかく、理由や理屈ではなく、

するべきことの指示が欲しい訳ですね

この人に必要なのは、

今すぐやるべきことの提示です

 

先ほどの例だと、快眠したいなら

 

・サプリメントを飲みましょう

・この寝具で寝ましょう

・こんな行動を今夜から始めましょう

 

というように、今すぐするべきことを

伝えると行動に移しやすくなります

 

ブログ記事での活かし方

ここまでで、4つの学習タイプについて

説明してきました。

 

まとめると、

 

①なぜタイプ

②何タイプ

③どうやってタイプ

④今すぐ行動タイプ

 

ブログを書く際は、これらに沿って

記事を書いていくと

 

どのタイプの人に対しても

行動に移しやすい内容になります

快眠方法の例でまとめると、

各パートの構成は

 

①快眠は、健康と仕事の効率化に必要です。

 

②このような根拠や睡眠リズムの

データがあります。

 

③快眠の方法には、○○や△△があるので、

順番に実施してみましょう

 

④これを手に入れたい方は、今すぐ買って

実践しましょう

 

このような流れになります。

基本はこの型をベースにするのが大事です

 

それぞれのパートの書き方や

記事中の比率も成約率に影響します

  

あなたも、是非、ご自分の記事に

この4つのタイプを活かしてみましょう!

 

自分の書き方が合っているか聞きたい

具体的な書き方や記事中の比率を知りたい

 

そんな方は、私の公式LINEまで

ご質問下さい。

 

詳細や効果的な比率、

具体的な例文を示したnoteに加え

 

あなたの記事に対してアドバイスも

行わせて頂きます

 

定期情報配信も行っていますので、

是非、ご活用下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーー

今なら

登録者への感謝を込めて

 

①5つの無料プレゼント

②無制限のLINE相談

をご提供しています。

 

公式LINE限定情報とプレゼントの

お受け取りは以下からどうぞ。

※詳細については、こちらも参照下さい

↓ ↓

-ブログ運営
-

© 2021 Furukawa Official Blog Powered by AFFINGER5